現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 町民の窓口
  4. 住民基本台帳など
  5. 住民基本台帳ネットワークシステムについて

住民基本台帳ネットワークシステムについて

住民基本台帳ネットワークシステムについて

各市町村が住民情報を記録し、管理していた住民基本台帳を結んだネットワークを、「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」と呼んでいます。
住基ネットは4情報(氏名・住所・生年月日・性別)と住民票コード、これらの記載内容の変更情報により全国共通の本人確認を可能とすることができるシステムであり、電子政府・電子自治体の基盤となるものです。 

住民基本台帳カードについて

  住民基本台帳カードは、高度なセキュリティ機能を備えたICカードを採用しています。また、運転免許証などと同様に公的な身分証明書としても活用できます。
有効期限は幌延町から転出しない限り10年間有効です。

【申請できる方】
20歳以上は本人。15歳未満は法定代理人。15歳以上20歳未満は本人もしくは法定代理人。
※法定代理人・・・主に15歳未満の人の親権者及び成年後見人など。

【申請に必要なもの】
  • 本人の確認ができるもの(運転免許証やパスポートなど官公署が発行した顔写真付の証明書)
  • 申請前6月以内に撮影した無帽、正面、無背景、裏面署名、縦4.5cm横3.5cmの写真1枚
  • 印鑑

【カード交付】
申請からおよそ2週間前後でお渡しできます。お渡しできるようになりしだい書面でご案内します。

【手数料】
1枚 500円

転入転出手続きの特例

引越しの手続きが転入時の1回で済みます。
住基カードの交付を受けている方が、引越しをする前に、あらかじめ「付記転出届」を転出する市区町村へ郵送等により出せば、転出証明書がなくとも転入の手続きができます。(住基カードについては転入した市区町村で回収されます)もし、引越し前に付記転出届が出せない場合は、転出した日から14日以内に限り付記転出届を受付けることができます。なお、転入の手続きは転入後14日以内に行ってください。 

最終更新日:2011年03月22日

発信元: 保健福祉課