現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの観光
  3. 観光施設紹介
  4. トナカイ観光牧場

トナカイ観光牧場

トナカイ観光牧場の紹介

トナカイは、フィンランドやノルウェーなどの北方圏やアメリカ大陸の北部、カナダなどの寒い地域に生息する動物です。住んでいる場所や環境などによって姿などに多少の違いはありますが、種類はみな同じです。
【幌延町トナカイ観光牧場】にいるトナカイはフィンランドからやってきた幌延生まれの二世、三世で、現在も幌延町で元気に育っています。
  • トナカイの様子

  • トナカイの赤ちゃん

  • 幻の花「青いケシ」

  • アカバナツルハナガタ

  • ルピナス

  • キクバクワガタ

  • ラナンキュラス

  • アイリス

  • ベロニカ

お知らせ

平成21年4月1日より、トナカイ観光牧場の入場料が無料となりました!

平成11年12月24日のオープン以来、たくさんの皆様にご利用いただいております。
この間、多くの方々にご来場いただき、心より感謝申し上げます。
さて、当牧場は更に多くの方々にお気軽にご利用いただき、皆さまに親しまれる施設と
なりますよう、平成21年4月1日より、入場料を無料といたしました。

今後とも、多くの皆さまにご利用いただきますよう、ご来場を心よりお待ちいたしております。

トナカイ観光牧場では、トナカイやブルーポピーの開花情報などを紹介する専用ホームページを開設いたしました。こちらも是非、ご覧下さい!

イベント

冬期に開催される「トナカイホワイトフェスタ」は、トナカイそりの試乗や、ミニ花火大会など子どもたちを中心とした楽しいイベントです。
イベントの詳細は、「トナカイホワイトフェスタ」のページからご覧ください。

トナカイ観光牧場について

幌延町 トナカイ観光牧場
住所:北海道天塩郡幌延町字北進
電話番号:01632-5-2050

開場時間
  •  4月〜10月 午前9時00分〜午後5時00分
  • 11月〜 3月 午前9時00分〜午後4時00分

入場料
平成21年度より入場料無料

トナカイソリ
  • 大人 500円
  • 子供 一般200円 
(※子供とは小学生以上中学生以下です。小学生未満は無料です。)

トナカイ観光牧場ではサンタの衣装を無料貸出しして、トナカイと一緒に記念写真を撮るできます。
是非、この機会に来場記念としてトナカイと一緒に写真を撮ってみてはいかがですか?
今年は、新たに小さなお子様用(男の子用・女の子用各一着)のサンタさん衣装も用意いたしました!
トナカイ観光牧場ではトナカイの貸し出しも行っております。(トナカイソリ・トナカイの写真撮影等)

トナカイ観光牧場マップ

トナカイたちの様子

トナカイの様子
現在、トナカイ観光牧場には約70頭のトナカイたちが暮らしています。
トナカイは、北極圏をとりまく、ユーラシア大陸、北アメリカ大陸等の北方圏に分布するシカ科の動物です。シカの仲間でメスにも角があるのはトナカイだけで、角は始め、袋角という表皮のある角ですが、成長すると表皮がはがれ、枯角と呼ばれる角になり、オスは冬に、メスは春に角が落ち、また生えてきます。体重70キログラム〜270キログラム、肩までの高さ90センチメートル〜130センチメートルで、ヒヅメは大きく堅いので雪原をしっかり走れ、ソリを引くのも得意です。

赤ちゃん誕生情報

トナカイの赤ちゃん
現在、トナカイ観光牧場には、約70頭のトナカイ達が生活をしています。
トナカイは、5月のゴールデンウィーク頃、可愛い赤ちゃんが誕生し、お父さん・お母さんと元気良く生活しています。

幻の花「青いケシ」

幻の花「青いケシ」
正式にはメコノプシスといい、自生種は標高3,000〜5,000メートルのヒマラヤや中国西南部の秘境でしか見られません。登山家の間では天上の妖精と称され、栽培の難しさから幻の花とも言われています。青い色は澄んだ湖水のように美しく、見る人の心を惹きつけます。また、ここでは寒い地方にしか咲かない貴重な花々とも出会えます。

開花時期:6月〜7月上旬

青いケシや花園に咲く花々は、「青いケシ(ブルーポピー)」のページからご覧いただけます。

より大きな地図で 幌延町観光マップ を表示

最終更新日:2011年08月08日

発信元: 産業振興課

関連カテゴリー