現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの観光
  3. 観光施設紹介
  4. 利尻礼文サロベツ国立公園

利尻礼文サロベツ国立公園

利尻礼文サロベツ国立公園の紹介

幌延の西に広がるサロベツ原野は、利尻・礼文サロベツ国立公園に指定されています。蛇行する川、大小の沼、野鳥やエゾカンゾウをはじめとする50種類もの花々など豊かな自然に恵まれています。 
平成17年11月にラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)湿地に新規登録されました。
  • エゾカンゾウ

  • モウセンゴケ

  • ワタスゲ

  • トキソウ

  • ヒメシャクナゲ

  • ザゼンソウ

  • ショウジョウバカマ

  • タチギボウシ

  • ホロムイイチゴ

  • ホロムイリンドウ

  • ミツバオウレン

  • アオサギ(サギ科 春〜秋)

  • ハクチョウ(カモ科 春・秋)

  • ツメナガセキレイ

サロベツ原野の花々-開花情報

サロベツ原野では毎年6月から9月にかけて、たくさんの花々が開花します。
このコーナーでは、サロベツ原野の花々の開花情報を順次更新していきますので、ご期待下さい。

開花情報
【6月13日現在】
  • ホロムイイチゴ
  • コツマトリ草
  • ハクサンチドリ
  • イソツツジ
  • ズミ(エゾノコリンゴ)
  • エゾカンゾウについてはここ数日で開花しますが、見ごろは20日以降となります。

【5月22日現在】
  • ワタスゲ
  • ミツバオウレン
  • ミツガシワ

【5月10日現在】
  • ミズバショウ
  •  ザゼンソウ

くれぐれも花を折ったり、採ったりしないでください。
国立公園内ですので盗掘となり罰則が適用されます。
とるばあいは、写真で撮ってください。 
マナーを守りましょう。

野鳥たちの様子-飛来情報

サロベツ原野には、多くの種類の野鳥が飛来します。このコーナーでは、野鳥の飛来情報を順次更新していきますので、ご期待下さい。

飛来情報
【5月10日現在】
  • ノビタキ
  • アオジ
  • ツグミ

幌延ビジターセンター

  • 開館時期:5月〜10月(無休)
  • 開館時間:9時〜17時
  • 入館無料
湿原の仕組みや野鳥の生態などについて、パネル展示、マルチスライド映像などを用いて、わかりやすく紹介しているほか、コンピューターを使ったクイズ形式のゲームもあり、楽しみながらサロベツの自然に詳しくなれます。2階は利尻富士やパンケ沼、長沼などサロベツ原野が一望できる休憩室となっており、望遠鏡も備えつけられています。

より大きな地図で 幌延町観光マップ を表示

最終更新日:2011年03月22日

発信元: 産業振興課

関連カテゴリー