現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの産業
  3. 産業
  4. ラムサール条約の登録

ラムサール条約の登録

ラムサール条約の登録について

額縁の写真
2005年11月にウガンダのカンパラで開催された第9回締約国会議において、サロベツ原野など、国内20ヵ所が国際的に重要な湿地としてラムサール条約湿地に登録され、12月3日豊富町民センターにおいて【ラムサール条約登録認定証授与式】が行われました。

 ラムサール条約は、正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、1971年イランの地方都市ラムサールにおいて締結したことから、通称「ラムサール条約」と呼ばれます。

問い合せ先・担当窓口

産業振興課

最終更新日:2011年03月21日

発信元: 産業振興課

関連カテゴリー