現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの紹介
  3. まちの施設
  4. 秘境駅「糠南駅」補修いただきました!

秘境駅「糠南駅」補修いただきました!

物置がトレードマークの糠南駅。
ヨドコウさんの「あぜくら」物置の引き戸を無償で修理してくださいました!!
ありがとうございます!!

秘境駅について

かつては通学する子どもたちや地域住民が行き交い、多くの人々が利用していましたが、地域の人口減少に伴い利用者も少なくなりました。
しかし、昨今の秘境駅ブーム。特に糠南駅は、全国的にも珍しい物置の駅舎として、様々な番組や書籍に取り上げられています。
幌延町には6つの秘境駅がひっそりと存在しており、毎年全国各地から訪れた愛好者のみなさんから、備え付けの駅ノートに『すばらしい駅』『一番訪れたく思った』などのコメントをいただいています。
幌延町は、鉄道系資産を新たな観光資源として位置づけ、「世界秘境駅フェスタ」等のイベントを開催することにより、交流人口の増加と地域の活性化に取り組んでいます。


  • 「糠南駅」全景

  • 「糠南駅」待合室内部

  • 停車は上下線合わせて1日5本のみ(糠南駅)

  • 糠南駅にて(井上観光大使)

糠南駅待合室を修繕していただきました。

設置から30年近く経過し、扉の開閉が困難になったことや、通気口が破損して虫の侵入などが見られましたが、平成27年2月20日に株式会社淀川製鋼所(ヨドコウ)様のご厚意により修繕作業が行われ、扉がスムーズに開閉できるようになり、通気口も新しく取り換えていただきました。
この待合室は、地域の方々や愛好者の方のお力添えもあり、永年その機能を維持出来ております。
幌延町としても末永くこの糠南駅が存続できるよう努力いたしますので、皆様のご協力をお願いいたします。

■修理経緯など
テレビ番組の取材でヨド物置の戸の立て付けが悪かった場面が放映され、その番組をたまたま見ていた、一部上場企業の淀川製鋼所の社長さまが、社の名折れであると、すぐに社員を派遣・現地確認し、何度か採寸等のため糠南駅を訪問してくださいました。
現行品で対応できなかったようで、何度か足をお運びいただくこととなったようです。
そして、無事修繕され、現在はスムーズな開閉ができるようになりました。
感謝感激です。
それ以来、淀川製鋼所様も珍駅として有名な糠南駅に設置されている、まさに珍駅の所以である自社物置を何か誇りとしておられるのか、会社の広報誌で取り上げてくださっております。
  • 扉の修繕
    扉の修繕
  • 開閉の調整
    開閉の調整
  • 通気口の交換
    通気口の交換

最終更新日:2017年04月27日

発信元: 産業振興課 企画振興グループ

関連カテゴリー