現在位置の階層

  1. ホーム
  2. まちの紹介
  3. まちの概要
  4. 幌延のプロフィール

幌延のプロフィール

幌延町は北海道の北部、宗谷管内の南西部に位置し、北緯45度線上にある町です。

幌延の紹介

 幌延町は、北海道の北部、宗谷管内の南西部に位置し、北緯45度線上にあります。南部及び東部は、留萌地区と上川地区に囲まれ、西部は日本海に面し、南部は天塩川を境としております。

幌延町の草分けは、明治32年、福井県団体15戸が下サロベツ原野に入植したことに始まります。鬱蒼たる密林に覆われた人跡未踏の大地に、開拓の鍬が振り下ろされました。続いて同年、法華宗農場が字上幌延へ、本願寺農場が字幌延へ、天塩農場が字開進へ入植しました。

町の基幹産業は、第一次産業としての牛乳生産を主体とする酪農業ですが、農業としての苦難の歴史がありました。草分けの明治32年から昭和30年時代までは、畑作物栽培でした。しかし、不安定な畑作経営からの脱却として、有畜農業を志向する声がたかまってきました。昭和26年の道貸付牛の導入等の政策により、乳牛多頭化の方向を歩みました。昭和44年には「乳牛5,000頭突破記念式」が開催されるなど、酪農専業経営の道を歩み始めたのです。酪農家の近代化への取組により、平成14年現在は牛乳生産戸当り450トンを達成し、大規模酪農地帯として発展しつづけております。

他の産業は、第一次産業として北大研究林と国有林が大半を占める林業があり、第二次産業は、建設業と雪印乳業?幌延工場など、第三次産業は、サービス業、小売業、飲食店、運輸・通信業等によって支えられております。

また、町は、国のエネルギー政策に協力し、あわせて活力ある地域社会を築いていくことを目的として原子力関連施設の誘致を進めてまいりました。その結果、平成12年11月16日に北海道・幌延町及び核燃料サイクル開発機構の三者で「幌延町における深地層の研究に関する協定書」を締結し、平成15年7月11日に字北進地区で「幌延深地層研究センター」の着工式の運びとなり、地域への経済波及効果が期待されています。また、関連研究所として、平成15年6月1日には「幌延地圏環境研究所」も開設されており、今後の研究成果の地元へのフィードバックが期待されます。

幌延のプロフィール

看板の写真
 幌延町の気候は、夏は冷涼、冬は風の日が多く乾燥寒冷です。平均気温は5℃前後と低く、農業経営に大きな影響を受けてきました。積雪期間は11月下旬から4月上旬まであり、1メートル前後の積雪に見舞われます。幌延では冷涼な気候を生かして、幻の花「青いケシ」を栽培しています。その青い色は、澄んだ湖水のように美しく、見る人の心を惹きつけます。幌延とは、アイヌ語の「ポロ」「ヌプ」が転化したもので、『大平原』を意味しており、広大な原野と山林を有しております。特にサロベツ原野(23,000ヘクタール)は広大で、利尻礼文サロベツ国立公園の入口でもあり、その公園は山岳、海岸、湿原を含む我が国有数の自然公園であります。トナカイを観光資源にした「トナカイ観光牧場」があります。クリスマスのサンタとともにアイドルであるトナカイと遊べます。幻の花「青いケシ」が見られる"北方圏の花園"も牧場内にあります。

幌延の花・木

町の木「アカエゾマツ」
マツ科で樹皮は赤褐色で不規則なうろこ状の薄片となってはがれる。北海道、南カラフト、南千島に分布しており、本道においては道北、道東に多く蛇紋岩地帯、湿原、火山灰礫地、砂丘などの特殊土壌条件のところに純林をつくっている。問寒別川の東側一体が蛇紋岩でできており道内でもめずらしい約2,000ヘクタールの大原生林がある。別名テシオマツ、ヤチシンコともいわれた。造林木、楽器材、庭園樹、盆栽樹としても用いられている。昭和48年3月町の木として指定

町の花「テシオコザクラ」
サクラソウ科のサクラソウ属で学名はプリムラ=タケダーナ。北海道北部の蛇紋岩地帯だけに見られる希少植物種。
多年草の草花で葉(3〜5センチメートル)は長い柄(6〜12センチメートル)をもち、まわりが掌状に9〜11に裂けている。花は白色で中心部が黄色を帯びた円形で、花の茎は約十数センチメートルになり、2、3コの可憐な花をつける。本町では5月下旬から6月にかけて咲く。
昭和48年3月に町の花として指定
  • 町の木「アカエゾマツ」
    町の木「アカエゾマツ」
  • 町の花「テシオコザクラ」
    町の花「テシオコザクラ」

最終更新日:2016年10月15日

発信元: 総務財政課

関連カテゴリー