現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 暮らしの情報
  3. 災害に備えて
  4. 防災
  5. 台風・大雨・地震への対応

台風・大雨・地震への対応

台風・大雨が近づいたら

台風が近づいたら、テレビやラジオの気象情報を注意して聞き、早めに次のような準備をしてください。
  • 小物や物干しは室内に取り入れる。
  • 2階以上の住宅ではベランダのものを取り入れる。
  • トタンなど屋根の点検をする。
  • 商店などは看板の点検をする。
  • 崖や急傾斜地では、大雨が降ると土中の水分が増加し、崖崩れがおこりやすくなりますので、警戒が必要です。また、近くの河川やため池の水位の上昇には十分注意してください。
  • 特別警報について
    下のリンクをクリックして下さい。 ↓
  • 防災啓発ビデオ「急な大雨・雷・竜巻から身を守ろう!」
    気象庁ホームページが別ウィンドウで開きます

地震に備えて

地震の恐ろしさは、予知できないところにあります。いざというとき、あわてないようにふだんから地震に対する備えをしておきましょう。
地震で最も恐ろしいのは火事です。グラッときたら、まず身の安全を確保してから、素早く火の始末をしてください。

もしも地震が起きたら
  • まず身の安全を
  • 素早く火の始末
  • ドアを開けて出口の確保
  • 火が出たらすぐ消火
  • あわてて外に飛び出さない
  • 狭い路地やブロック塀には近づかない
  • 山・崖崩れに注意
  • 協力しあって応急救護
  • 正しい情報の収集
津波防災啓発ビデオ

下のリンクをクリックして下さい。 ↓

最終更新日:2013年08月02日

発信元: 総務財政課

関連カテゴリー