現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 町政情報
  3. 町の取り組み
  4. 地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価について

地域情報通信基盤整備推進交付金事業の事後評価について

 幌延町では町内の情報格差解消を目的として、平成21年度地域情報通信基盤整備推進交付金を活用して、平成22年度に光ブロードバンド網を整備し、平成23年度より超高速インターネット及び地上デジタル放送の難視聴解消サービス、IP告知端末による情報提供を開始しました。
  今回、事業開始から5年を経過したことから地域情報通信基盤整備交付要綱第8条により事業評価を実施し、その内容を公表します。

事業名

地域情報通信基盤整備推進交付金事業

事業の概要

  • 事業完了日   平成23年3月31日
  • 総事業費    927,150千円
  • 交付金額    273,721千円
  • 整備対象地域  幌延町全域

事業の内容

 幌延町では、本事業実施以前より、幌延市街地、問寒別市街地にADSLサービスが提供されていた。しかし、交換局から一定程度距離が離れると伝送速度が極端に低下し、有効な速度で利用できない地区や、リンクが確立せずにADSLを利用できない地区が存在するなど、サービスが利用可能なエリアは一部に限られており、当時、光ブロードバンドサービス開始の予定はなかった。
  また、町内にはアナログ放送における難視聴は発生していなかったものの、地形が複雑なため、個別アンテナで受信している住民からは受信状態が不安定であるとの声があり、新たに地上デジタル難視聴地域が発生する心配は払拭されない状況であった。
その他、防災、行政情報を提供している防災無線は昭和56年度に整備した施設であり、老朽化が進んでいた。
  このことから、町内全域に光ブロードバンド網を整備し東日本電信電話株式会社にIRUで開放することにより、超高速インターネット及び地上デジタル放送の難視聴解消サービスの提供を行い、地域間の情報格差の解消と地域の活性化を図った。
  また、IP告知システムを導入し、迅速な災害情報提供による地域住民の安全確保と、日常のきめ細かな行政情報の提供による地域の一体化を促進した。

光ブロードバンドサービスについて

  • サービス開始日  平成23年4月1日
  • サービス形態   公設民営(IRU)
  • 契約先      東日本電信電話株式会社

目標と実績

光ブロードバンドサービス
    整備計画時の目標   実績
  初年度 最終 平成23年度末 平成27年度末
 整備地域の世帯数  1230  1230  1282  1248
 加入世帯数  369  492  395  620
 加入率(%)  30  40  30.8  49.7

地上デジタル放送の再送信サービスについて

  • サービス開始日  平成23年4月1日
  • サービス形態   公設公営
  • 契約先      ―

目標と実績

地上デジタル放送の再送信サービス
    整備計画時の目標   実績
  初年度 最終 平成23年度末 平成27年度末
 整備地域の世帯数  60  60  65  64
 加入世帯数  60  60  65  64
 加入率(%)  100  100  100  100

評価及び課題

 光ブロードバンドへの加入率は27年度末時点で約50%と、事業開始当初の目標である40%を大きく上回っている。また、地上デジタル難視聴対応についても事業開始当初より100%を維持しており、本事業の目標は達成していると考える。
  課題としては、事業開始時に設置したIP告知端末の老朽化によるメンテナンス対応が挙げられる。

問い合せ先・担当窓口

総務財政課

最終更新日:2016年07月20日

発信元: 総務財政課

関連カテゴリー